小さい椅子

彼岸法要や施餓鬼法要では、多くのお参りをいただくため、従来の椅子では本堂に座りきれなくなっておりました。そこで、檀信徒総代様から、小型の木製椅子六十脚のご寄付をいただきました。お尻に合わせた凹みがある椅子で、座りやすくなっています。七月の施餓鬼法要でお披露目となり、皆様にもご好評をいただきました。

秋のお彼岸

更新が滞ってしまい、申し訳ございません。
お知らせしたいことや報告することはいろいろとあるのですが、なかなか余裕がなく…。
とりいそぎ秋の彼岸法要の日程のみお伝えいたします。
9月22日(土)でございます。
三連休の彼岸中日の前日ということで、多磨霊園周辺も混雑が予想されますが、ご了承ください。

なお、寺嫁日記の方はこまめな更新を行っておりますので、そちらもご覧ください。

屋根張替完了

4月の中旬から、2階部分の屋根の張替工事を行っておりました。
本堂の床が外側に向かって、やや傾斜をしていたり、客間の障子が開けにくくなったりしていて、大工さんに相談したところ、屋根瓦の重さが大きな原因と考えられるとのこと。
瓦はお寺らしさを出してくれますが、二階の屋根はあまり見えませんし、背に腹は代えられません。これを機に軽量の屋根に張り替えることにいたしました。
おかげさまで5月中旬に完了いたしました。

禁煙にご協力を

愛煙家の先代住職は客間での喫煙をOKしておりました。
先代の遺志を継いだわけでもありませんが、代替わりして以降、私も特に禁じてはおりませんでした。
しかし、社会意識の変化、また、客間に換気機能も備えておりませんので、今後は建物内での喫煙をご遠慮いただきたくお願いを申し上げます。
玄関先や駐車場での喫煙を妨げるものではございませんが、吸い殻はお持ち帰りくださいませ。

放送大学

本日、夜9時半からラジオの放送大学で放送されます「死生学のフィールド」という45分番組に、私のインタビューが流れるそうです。
昨年秋に1時間ほど、蓮宝寺にてインタビューを受けまして、それが編集されて教材になったようです。
何を話したかあまり記憶になく、自信をもっておすすめできませんが、インターネットのラジコでも聴けるので、お時間のある方は是非お聴きください。

http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H30/kyouyou/C/sougou/1910027.html

外因死についての対談

外因死、聞きなれない言葉かもしれません。
病気で亡くなることを内因死、それに対して、事故死、自死などを外因死と呼ぶようです。
その外因死についての研究をしている先生方が作っているホームページで、「宗教的な視点から見た内因死と外因死」というテーマで私が出た対談が掲載されました。
特に専門というわけでもなく、荷が重い依頼ではありましたが、正直に話してみました。

宗教的な視点から見た内因死と外因死