葬儀屋さんは見ている

立て続けに投稿です。(さぼっていてすみません。)
今年の2月に発行した寺報の巻頭「葬儀屋さんは見ている」を転載いたします。
———–
巣鴨に駿台トラベル&ホテル専門学校という専門学校があります。ホテル学科、ブライダル学科、エアライン学科、鉄道学科など学校名から想像しやすい学科が並ぶなか、葬祭マネジメント学科なる毛色の違う学科が存在します。葬儀業界に就職を目指す子たちが通うこのコースで、私はこの10年ほど、「仏教の基礎知識」を年2回、教えにいっています。

世の中は狭いもので、教え子の中に、私の妻の親友がいたのです。妻も葬儀の司会をしていましたから、何度も同じ現場で仕事をする内に仲良くなったとのこと。そこで昨年、一緒に食事をしました。

葬儀屋さんというのは、当たり前ですが、たくさんの僧侶を見ています。ピンからキリまでいろいろな僧侶と出会い、助けられたり、困らせられたり。まあ、困らせられることの方が圧倒的に多いそうで、僧侶を見る目が、とてもシビア。そこで、後学のため、いろいろ教えてもらいました。

今はお寺との付き合いが全くない方々が増え、いざお葬式になった時に、僧侶を葬儀社に紹介してもらうのが、半分くらいあるとのこと。葬儀社にとっては、菩提寺の住職が来るお葬式よりも、断然、葬儀社が紹介した僧侶が勤めるお葬式がやりやすいそうです。

どんなところがやりやすいかというと、葬儀社が困ることは一切しないからとの答え。葬儀時間をしっかり守ってくれるし、法話や戒名の説明をちゃんとやってくれて、本当にやりやすいと言います。

葬儀に遅刻をする、お経が下手だったり、戒名がひどい字で書かれていたり、人の目をまともに見ずに、何も話さない僧侶も少なくないとか。そして、そういう僧侶のほとんどが菩提寺の住職と聞いて、驚き、唖然としてしまいました。菩提寺の住職こそ、檀家さんに寄り添ったお葬式を勤め、お話をするものだと思っていました。悲しみのただ中にいらっしゃる檀家さんに、余計な心労をかけず、できるだけ、心を落ち着けて、亡き人とお別れをしてほしいと心がけているつもりの私は、「自分もそうなっているのかな?」と冷や汗。

「菩提寺の住職ってそんなにやりにくいんだ?」と聞くと、「そうですね」と彼女も苦笑い。

お清めの席で住職の周りに誰も座らず、親族同士が「お前、行けよ」、「あなたが座りなさいよ」と押し付け合っているなか、一人さびしくお寿司をつまむ住職を見ていると、「本当にかわいそうで、せつなくなった」とは私の妻。私もそんなほろ苦い経験がないわけではなく、動揺を隠すのに必死です。

では、「菩提寺の住職で良かったことは?」と一縷の望みをかけて聞いてみると、

「住職と喪主さんが親しそうに会話をしていると、この葬儀はうまく行くって思いますね。」

やはり、日ごろからのお付き合いが何より大事なんだなと痛感する言葉です。

さて、今の私は大丈夫でしょうか?

一人でお寿司をつままない住職になれるよう、もっと精進せねばと気を引き締めた教え子との再会でした。

一枚のハガキ

昨年暮れに発行した寺報「信友」の巻頭分のアップが遅くなってしまいました。
かなり時期がずれた内容になってしまっていますこと、あらかじめお詫びいたします。
——–
浄土宗東京教区にはホームページがあります。教区とは、分かりやすく言えば、東京都内にある浄土宗寺院を束ねる行政組織、都民に対する都庁みたいなもの。(といっても、職員は片手ほどの数で、事務所はほぼ一部屋のサイズですが)

そこには「今月の法話」というページがあり、都内の僧侶が月替わりで短いお話を書いています。私のところにも依頼が来まして、今年の三月に掲載されました。実は、私、依頼されるまでホームページの存在自体を知りませんでした。おそらく、信友のどなたもご覧になったことがないと思いますので、ここに転載させていただきます。

――――――――
一人飯で仏教レッスン 

私の寺は境内もなく、お堂らしいお堂もなく、鐘楼もありません。知らない人はお寺と分からずに通り過ぎてしまうくらいの建物です。ですから、除夜の鐘で賑わうことはなく、初詣に来られる人も数軒の檀家さんのみ。毎年、年末年始は、同業者には申し訳ないくらいにのんびり過ごさせてもらっています。

今年の正月ものんびりとしたもの。昨年中に終えられなかった仕事は山積みではあるものの、正月気分というやつで、テレビを見ながらごろ寝をしていました。私が観ていたのは、「孤独のグルメ」という番組の総集編。七時間くらいでしょうか、まとめて一気に放送をしていました。

人気番組ですので、ご存知の方も多いとは思いますが、どういう番組かご説明しますと、主人公は松重豊さん扮する井之頭五郎という独身男性。個人で貿易会社を営んでいる五郎さん、商談等で見知らぬ町にでかけ、一人、美味しいランチを食べるのが大の楽しみ。三〇分番組の半分は五郎さんがただご飯を食べています。一緒に食べる人はいません。いつも一人。そして、五郎さんの心の声がナレーションとなります。「うん、うまい肉だ。いかにも肉って肉だ」「ちょっと早いが腹もペコちゃんだし、飯にするか。」「いいぞいいぞ、ニンニクいいぞ」などなど。

なぜ、私が見入ってしまったのか。もちろんドラマとして面白いというのは大きな理由です。ただ、見ているうちに、こう気付いたのです。

「これは仏教だ!」

五郎さんは、ご飯を食べながら、テレビを観ません。新聞も広げません。携帯電話もいじりません。ただただ、ご飯を食べています。次の予定を考えることもしませんし、さっきの商談を振り返ることも一切しません。ただただ、目の前のご飯のことだけを考えています。いわば、ご飯と向き合い、集中して食べているのです。

では、皆さんはご飯を食べるとき、どうしているでしょうか。テレビに気を取られていないでしょうか。携帯ニュースに目が行ったり、LINEのやり取りに夢中になったりしてはいないでしょうか。ご飯の一品一品、自分の一噛み一噛み、そこから伝わってくる味わいに、しっかり思いをいたしているでしょうか。

仏教では「即今・当処・自己」という言葉があります。現代語にするなら「今、ここ、私」となりますが、今という時間、ここという場所に集中して、自分がなすべきことをなしなさいという意味と思ってください。ご飯を食べながらも他のことに気を取られ、食事自体がなおざりになることは、「今」「ここ」に「私」がいないということです。その点、五郎さんのランチは、まさに、「即今・当処・自己」と言えるでしょう。

私たちは食事一つとっても、なかなか、目の前のことに集中ができません。常に意識はあっちに行き、こっちに行きをしています。正月早々、五郎さんの食べっぷりに仏教の神髄を教えられた気がしました。皆さんも、一人で食事をする時には、仏教のレッスンだと思って、少し五郎さんごっこをしてみてはいかがでしょうか。

――――――――
と、まあ、ほとんどテレビの感想のような、法話ともつかない話を書かせていただきました。

誰も読む人はいないだろうと高を括っていましたら、しばらくして一通のハガキが私のもとに。送り主は「東京都 浄土宗檀信徒」とだけ書かれています。難しい法話を避けていたというその方は、「私の寺は境内もなく」の書き出しに思わず目が留まったそうです。境内がなくて良かったと思うのは、掃除の時くらいなものですが、こんなところで役立つこともあるのですね。この法話を読んで、蓮宝寺のホームページもご覧になったそうです。

若干のお褒めの言葉に続いて、こう書かれていました。

「菩提寺との関係に悩んでいます。ちまたであふれる菩提寺と檀家の行き違いのほとんどはコミュニケーション不足が原因だと思います。」

そして、最後の言葉。

「これからの浄土宗をお願い致します。」

すごいことをお願いされてしまいました。一人でも反響があったことに嬉しさを感じるとともに、この方がきっと本当に菩提寺との関係に悩んでいることがつたわってきます。私のような者に光明を見出すほどですから、よほど菩提寺の住職とうまく行っていないのでしょう。

しかし翻って、私はそんなに期待されるほど、信友のみなさんとコミュニケーションが取れているのだろうかと不安も沸いてきます。なるべくコミュニケーションを取りたいと思いますが、みなさんも個々にちょうど良い距離感、付き合い方というものがあるでしょう。どなたにでも、私がずかずかと入り込んでいって良いわけでもなく、なかなか難しいところです。

どうか、みなさまには遠慮なく、「もっと近くていいよ」とか、「これくらいでちょうど良い」とご助言いただければ幸いです。携帯メールやLINEを交換している方もいらっしゃいますし、法事と関係なく一杯やりに行くこともございます。浄土宗を背負って立つ気概は一切ございませんが、蓮宝寺住職として、信友のみなさんの老病死のお悩みを背負う気概はございます。安心して年を取っていきにくい世の中になっていますが、少しでもお役に立てるよう、来年も精進してまいります。

ちなみに、大みそかの夜にテレビ東京で「孤独のグルメ」の特番があるようです。お暇でしたら、仏教レッスンをお楽しみください。

放送大学

本日、夜9時半からラジオの放送大学で放送されます「死生学のフィールド」という45分番組に、私のインタビューが流れるそうです。
昨年秋に1時間ほど、蓮宝寺にてインタビューを受けまして、それが編集されて教材になったようです。
何を話したかあまり記憶になく、自信をもっておすすめできませんが、インターネットのラジコでも聴けるので、お時間のある方は是非お聴きください。

http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H30/kyouyou/C/sougou/1910027.html

外因死についての対談

外因死、聞きなれない言葉かもしれません。
病気で亡くなることを内因死、それに対して、事故死、自死などを外因死と呼ぶようです。
その外因死についての研究をしている先生方が作っているホームページで、「宗教的な視点から見た内因死と外因死」というテーマで私が出た対談が掲載されました。
特に専門というわけでもなく、荷が重い依頼ではありましたが、正直に話してみました。

宗教的な視点から見た内因死と外因死

法要案内カード

蓮宝寺では「法要案内カード」というものを導入いたしました。
昨年まで、回忌法要にあたる檀家さんについては、寺報『信友』に三ヶ月分を掲載していましたが、「もう少し早めにお知らせをした方が良いかな」とか、「個人情報といえば個人情報かな」とか、いろいろ考えまして、個別に『信友』に同封して送ろうと思い立った次第です。
昨年暮れに『信友』をお送りする際に、1年分をまとめて同封いたしました。

カードには、蓮宝寺のご本尊の写真を印刷し、裏面に年回法要に該当する故人様をお書きしております。一年分のご案内なので、ずいぶん先という方もいらっしゃると思いますが、お仏壇の脇などにお飾りいただければと思い、ご本尊様にご登場願いました。
ご本尊の写真なので捨てにくいという場合は、法要の際にお持ちいただければ、こちらで引き取らせていただきます。

カードに法要はしなければならないというものではありませんと書きましたが、法要をしなくても、このカードを受け取った時に、「ああ、おばあちゃんが亡くなって、もうこんなに経つんだ」と亡き方を偲ぶきっかけにしていただければと思っています。

2月19日、浄土宗総合研究所公開シンポジウム「超高齢社会における寺院の役割―介護者に寄り添う」

宣伝の連続で失礼いたします。
こちらも私が少し関わっています、浄土宗総合研究所の公開シンポジウムがございます。
これからの超高齢社会のなかで、寺院はいかに高齢者ケアに関わっていくべきかをみんなで考える良い機会になると思います。
寺院関係者でなくても参加可能ですので、どうぞ関心をお持ちの方はご参加ください。
当日は私もうろうろしています。
詳細は総合研究所ホームページをご覧ください。

2月22日、地域寺院倶楽部シンポジウム「まちに開く、まちを拓く-地域とともに生きる寺院の姿-」開催

私が携わっています大正大学地域構想研究所・BSR推進センターが主催となり、2月22日に地域寺院倶楽部シンポジウム「まちに開く、まちを拓く-地域とともに生きる寺院の姿-」が開催されます。以下に告知をさせていただきますので、是非ご参加いただければと存じます。
詳細はこちらのリンク先をご覧ください。
地域寺院倶楽部シンポジウムチラシ
——–
お寺にはまちを元気にする潜在力がきっとある。

そんな熱い思いを形にすべく、大正大学地域構想研究所ではBSR(仏教者の社会的責任)推進センターを設置し、2017年3月、「地域寺院倶楽部」をスタートさせました。

日本中の、地味だけれども地道に〈まちを拓く活動、まちに開く活動〉をしている寺院・僧侶を取材する会報誌『地域寺院』を毎月刊行。「あ、これだったら私も真似してみようかな」、「ほかのお寺も悩んでいるんだ」と、会員間でエンパワーし合えるような情報発信をしています。

この度、広く社会へ発信する場として、シンポジウムを以下の通り開催する運びとなりました。『地域寺院』に掲載させていただいた寺院から「開かれた寺院の活動」として事例報告をいただき、その後、より深め、ともに学ぶためにパネルディスカッションを行います。地域社会のため、寺院の活性化のため、何かをしたいと思われているみなさまのご参加をお待ちしています。

登壇されるパネラーのお三方はこんな方!

榎本義法さん(天台宗金剛院住職・群馬県富岡市)
お寺で早朝読書会を開催。
地味ながらも、じわじわと参加者が増え、お寺の活性化に。
そんなに労力をかけず、継続できる活動をお考えのあなたに。

鶴園恭子さん(浄土真宗本願寺派光明寺坊守・宮崎県高原町)
過疎化がすすむ町で坊守さんが見守り活動。
パワフルなバイタリティーでお年寄りや引きこもりの人を元気づけています。
仏間まで入って行ける宗教者の強みを活かしていて、目からうろこ必至!
宗教関係者だけでなく、地域の保健福祉に関心のある方にも超オススメ。

飯島俊哲さん(真言宗智山派海禅寺副住職・長野県上田市)
手作りのお祭り「聖天祭」が定着し、町の人たちのハブに。
住職と副住職の関係に悩む若い僧侶にも参考になること間違いなし!
(海禅寺:http://kaizenji.jp/

パネルディスカッションには、コメンテーターに日本仏教青年会の前理事長、浄土宗雲上寺副住職の東海林良昌さん、立教大学社会デザイン研究所研究員の星野哲さんをお招きいたします。寺院関係者以外の方にもいろいろ興味深いお話が聴けることでしょう。是非、お申込みの上、ご参加ください!

昨年11月のシンポジウムの記事

昨年11月に仏教と自死に関する国際シンポジウムが開催されました。
(その時の記事はこちら
西日本新聞などにシンポジウムの記事が掲載されましたので、こちらに紹介いたします。
私の名前もあげていただいて恐縮しております(^^;
心の風景・僧侶の自死予防20171226信濃毎日
心の風景・僧侶の自死予防熊本日日20171230

心の風景・自死予防の僧侶20180112西日本

寺嫁日記はじまりました

新年あけまして、おめでとうございます。
もう正月気分も抜けてきた頃で、「おめでとうございます」というのもしっくりきませんが、本年もよろしくお願いいたします。

さて、こちらのブログはお寺からのお知らせ、住職の活動報告がメインで、あまり蓮宝寺の日常の雰囲気が伝えられていないなと感じておりました。
そこで、妻に日記風にブログを書いてみたら?と提案しましたら、快諾してくれました。
難しく考えずに気楽に書くということで、皆様にも難しく考えずに気楽に読んでいただければ幸いです。
日記はこちらになります→寺嫁日記
よろしくお願いいたします。