住職紹介

小川有閑

第三世蓮宝寺住職
昭和52年生まれ
芝学園→早稲田大学政治経済学部→広告会社勤務→東京大学大学院→博士課程満期退学→現在に至る。
平成28年3月7日に浄土宗から住職認証をいただきました。
住職のほかに、一般社団法人The Egg Tree House理事、大正大学地域構想研究所・BSR推進センター主幹研究員、浄土宗総合研究所研究スタッフ、自死予防・遺族支援のボランティア、ちょこまかとした講師などをしております。

◆今までに書いた論文等
「新聞・宗教・文明開化―明治初年の新聞に見る教部省政策をめぐる議論の変遷」『東京大学宗教学年報』第23号
「井上毅の国体教育主義における近代国学の影響」『東京大学宗教学年報』第26号
「自死者のゆくえ―僧侶なりの自死遺族支援の形―」『現代宗教2011』(国際宗教研究所、2011年)
「自死者と遺族の対話―宗教的グリーフケアへの一視座―」『死生学年報2012』(東洋英和女学院大学死生学研究所、2012)
「明治憲法制定に至る国体論―国家神道成立過程の一断面―」『大正大学宗教学年報28』、大正大学宗教学会、2013)
【書評】
池上良正『死者の救済史―供養と憑依の宗教学』(角川書店、2003年)(『東京大学宗教学年報』第21号、東京大学宗教学研究室、2003年)
【報告】
「教育基本法改正をめぐる仏教界の動向」(『国際宗教研究所ニュースレター47号』、国際宗教研究所、2005年)
「伝統仏教はどう社会問題に関わるのか―第二四回世界仏教徒会議」(『宗教と現代がわかる本2009』、平凡社、2009年)
「東京大学所蔵嘉興蔵の伝来過程~瑞聖寺から東京大学にいたるまで~」(文部科学省科学研究費補助金特定領域研究(平成17年度発足) : 東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成 : 寧波を焦点とする学際的創生, 平成17年度〜平成21年度.仏教道教交渉班「宋元明における仏教道教交渉と日本宗教・思想」研究成果報告書『東京大学総合図書館所蔵嘉興大蔵経 目録と研究 Ⅱ研究編』、横手裕/末木文美士/渡辺麻里子監修、 東京大学大学院人文社会系研究科、2010 年)
「医療・仏教・死の現場―海外の事例が日本に示唆するもの―」(ジョナサン・ワッツ共同執筆)(総研叢書第7集『共に生き共に往くために―往生と死の準備―』、浄土宗総合研究所、2012年)
「寺院間ネットワークと地域社会のつながり : 浄土宗浜通り組青年会の活動から (中間報告・東日本大震災と宗教 : 福島県いわき市の事例から)」(『宗教学年報 27』、大正大学宗教学会、 2012年)
「ボーズ・ビー・アンビシャス!!と超宗派ムーブメント」(『国際宗教研究所ニュースレター76号』、国際宗教研究所、2013年)